jcomauひかり【一番得する契約方法とは】

auひかりで最高峰に得するプロバイダを見つける

auひかりのプロバイダは何を選んだらいいのか多すぎて迷ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりで使えるプロバイダはそもそも大量にありますが、光ファイバー自体はauひかりのものを使用しているので、基本的なプランや月額料金にあまり差はありません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

このサイトでは、光回線の営業をやっていた管理人の私が、あらゆる切り口から本当に最強のプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

すべての面から総合的に得するプロバイダを選ぶには

そもそもプロバイダ業者とはなんでしょうか?プロバイダというのは個人の利用客と回線業者をつなぎ合わせる業者のことをいいます。プロバイダがなければインターネットにつなぐことはできません。

auひかりで契約できるプロバイダには以下のような業者があります。

GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBE、DTI、auone、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,キャッシュバックでもらえる金額と実際に振り込まれる時期

2,理論値ではなくて実測値での回線スピード

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上記の3つのポイントを一個ずつ詳細に解説していきたいと思います。

ポイント1 すぐ振り込んでもらえるかどうかをチェック

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダ各社によってキャッシュバックの総額は1万円以上違っている業者もあります。

キャッシュバックがまったくもらえないプロバイダもありますし、5万円以上のキャッシュバックをしているところもあります。

どのプロバイダ業者と契約したとしても、auひかり自体の回線は全く同じなので、基本的なプランは変わりません。

なので、auひかりを契約するのであれば、キャッシュバックがたくさんもらえるだけではなくて、確実に振り込んでもらえるところを選びましょう。

ポイント2 回線がどれだけ高速で安定しているか

本当の回線速度がどれくらいでているのかもチェックしましょう。auひかりの最大速度の理論値は1Gbpsですが、これはあくまでも理論値であって、実測値ではありません。

プロバイダの速度が遅かったとしても、光回線なのでめちゃくちゃ遅いなんてことは商売上あり得ないのでご安心ください。

ですが、なるべくなら一番早くて回線が安定しているプロバイダを選びたいのは消費者として当たり前の心理だと思います。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

3つめに選ぶべきポイントとしては、セキュリティが充実しているかどうかを見極めましょう。

安全性の高い安心して利用できるインターネット環境を実現するためにはハッキングやウイルスの侵入を防止することが大切です。

プロバイダそれぞれのセキュリティサービスがどれくらい充実しているのかを確認してから使うようにしましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

ここからは、具体的にプロバイダ各社を比較していきたいと思います。

auひかりのプロバイダの比較表は以下になります。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

いろんな面で万能なのがダントツで「GMOとくとくBB」になります。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBはプロバイダ業者として20年以上の実績を持っている、東証一部上場企業です。

GMOとくとくBBの一番のメリットはなんといってもキャッシュバック総額ではないでしょうか。ですが、受け取り方に注意点があります。

キャッシュバックの案内メールが2回に分けて送られてきますが、そのメールに30日以内に返信しないと受け取ることができないのです。

一番高額のキャッシュバックを手に入れたい人には特におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBは数あるauひかりのプロバイダの中でもとくに優秀な回線スピードを誇っています。

GMOとくとくBBの平均的なダウンロードスピードは約500mbpsくらいあります。なので、回線速度も重視しているひとにもおすすめのプロバイダとなっています。

有名じゃないところはやめておきましょう

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

このプロバイダはauの名のつくとおりKDDIが運営しています。

auひかりとauoneは、どちらもKDDIが運営しています。

同じau系列同士なので、得しそうな雰囲気がありますが、実はキャッシュバックが1万円程度しかもらえません。

auoneからのキャッシュバックが少ない理由としては、競合他社のプロバイダにauひかりのサービス拡大を目指してもらいたいからなんです。

auからのキャンペーンを減らしたりキャッシュバックを減らしたりすることにより、ほかの業者が営業しやすくなるという仕組みなんです。

BIGLOBE

BIGLOBEは電機メーカー系のプロバイダで、かのNECが創業したプロバイダになります。

それではBIGLOBEのキャッシュバックはどうなっているのでしょうか。最高で5万円くらいとなっています。

ですが、BIGLOBEにはセキュリティオプションが無料でついていません。

高額なキャッシュバックがあって、なおかつオプションなどの特典も豊富なGMOとくとくBBの方が圧倒的におすすめですね。

DTI

こちらのプロバイダは電力系のプロバイダで、東京電力の系列になります。

リモートでの補助が無料で使えるというメリットがあります。

キャッシュバックは38000円がありますが、受け取り時期が1年以上先というのであまりおすすめできたものではありませんね。

auひかりに申し込むときのステップ

ここまではプロバイダのいろいろなメリットやデメリットを比較してきましたが、ここからは申し込み方法について解説していきたいと思います。

auひかりをせっかく契約するのであれば、一番得するGMOとくとくBBが断然おすすめです!

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 申し込みをする

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 名前や住所や電話番号

次に自分の住所や名前や電話番号などを入力します。

手順3 折り返しの電話をまつ

すべての情報を入力したら、申し込みフォームを送信します。

申し込みが完了すると1週間くらいでauひかり側から工事日程の電話が折り返しかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 光回線が開通

光回線の工事が完了してようやくネットができるようになります。

プロバイダの疑問点など

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 auひかりのプロバイダだけを切り替えられる?

auひかりはプロバイダのみを解約することができないようになっています。

そもそもauひかりというのは回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダを変更したいときは光回線自体も解約する必要があるのです。

どうしてもプロバイダだけを変更したい人は、auひかりの光回線を解約してから、別のプロバイダとセットで契約しましょう。

質問2 解約金や違約金について

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

これらの解約金はauひかりの解約金なので、プロバイダはどこでも同じ金額となっています。

質問3 使用しているプロバイダをチェックするには

自分の契約しているプロバイダを調べるには、マイページからチェックできます。

これ以外のチェック方法は、口座振替明細書にプロバイダ名が記載されていることが多いですね。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

最近話題のauひかりのキャンペーンで、どこの窓口が一番お得になるのか迷っている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが一番得するプロバイダであることがわかりました。

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

auひかり自体もキャンペーンをやっていますが、GMOとくとくBBから契約することにより追加で以下のような特典を適用してもらうことができます。

1,6万円以上もの現金がもらえる

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高級なルルーター端末が無料でもらえる!

auひかりの代理店などを具体的に比較する

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

この表から、auひかりを契約するのであれば、申込窓口は「GMOとくとくBB」が一番おすすめだと断言できます。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

実際に適用してもらえるキャンペーンには、auひかりが公式にやっているものと、代理店やプロバイダが独自にやっている2パターンが存在しています。

そもそも代理店やプロバイダというものは、auひかりの光回線とエンドユーザーをつなげる仲介的な役割を果たしています。

プロバイダから契約したときでも、auの公式特典をもらうことができるので、ダブルで特典を手に入れることができます。

次の章からは公式キャンペーンの具体的な内容などをチェックしていきましょう!

auが公式でやっている特典もある

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

携帯会社がauであれば、数ある光回線業者の中でもauひかりが一番割引で使えるでしょう。

auひかりの具体的なサービス内容は次のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式でやっているキャンペーンは大別するといくつかあり、すべて同時並列的に受け取ることが可能です。

公式キャンペーン1 乗り換え時に負担してくれる

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

解約金のキャッシュバックをもらうには、申し込みから12ヶ月以内に、乗り換えキャンペーンの申請書をauひかりに送付します。

違約金申請書を送付すると、30日くらいでauPAYへ送金してもらえます。現金では送金してもらえませんので注意しましょう。

auPAYというサービスは加盟店でショッピングができるサービスとなっています。

スマホを持っていないときはプリペイドカードに金額をチャージしてもらえます。

このau公式の乗り換えキャンペーンを肩代わりしてもらうためには、条件があるのでチェックしておいてください。

モバイルルーターや固定ネット環境は適用外となっています。

ひかり電話とずっとギガ得プランに入って、3年以上使うこと。

他社の違約金を負担してもらうためには、ひかり電話とずっとギガ得プランに入らなければなりません。

公式キャンペーン2 工事費が割り引き!

auひかりの初期費用というのは、回線の引き込み工事がほとんどですが、ひかり電話を同時に申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

auひかりの工事費用は、戸建ての場合は約4万円くらいかかりますが、これが無料になるということです。

工事費用は分割払いになりますが、これが無料になるという仕組みです。

このキャンペーンを適用すると、工事費用が分割払いで始まるので、途中で解約したとしてもメリットはたくさんありますね。

auひかりの光回線を契約期間満了することにより、工事費用を0円にすることができます。

公式キャンペーン3 auの携帯でかなり割引

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

平均というのは契約しているプランによって違いがあるからです。家族全員分を安くできるので、auの利用者にとってはとても喜ばしいキャンペーンでしょう。

これらのように、auひかりは光回線業者の中でも特にすばらしいキャンペーンを実施しているのでauの利用者は圧倒的におすすめです。

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

ずっとギガ得プランへ申し込みをすることにより、10ギガなどの高速通信ができるプランが約500円割引されるというキャンペーンが実施されています。

適用条件は、ホーム5ギガかホーム10ギガを申し込むことが条件となっています。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

プロバイダや代理店の独自のキャンペーンについて

auひかりのプロバイダなどは、公式ではやっていないようなキャンペーンをやっているので、プロバイダから申し込むことにより大幅に得することができます。

プロバイダがやっている独自のキャンペーンは、プロバイダ各社によって大幅に内容が違っていて、選び方を間違えると何万円も損してしまいかねません。

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 キャッシュバックがすごい!

数あるキャンペーンの中で特に魅力的なものとして現金のキャッシュバックがありますね。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

当サイトで最高峰のプロバイダとしておすすめしている「GMOとくとくBB」の場合だったら、マンションは5万円、戸建ては6万円という業界トップクラスのキャッシュバックキャンペーンをやっています。

独自キャンペーン2 ルーターが無料でもらえる!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

「GMOとくとくBB」の場合だったら、何種類もある高機能な高級ルーターの1台を無料でもらえます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダの中には、とんでもない高額のキャッシュバックをやっているところがあって、そういうところから契約したらすごい儲かるんじゃないかと思ってしまいますよね。

ですが、こういったうまい話には裏があるので、要注意です。

あくどい代理店のケースを紹介していきたいと思うので、ぜひだまされないようにご一読ください。

注意点1 オプションが必須となっている

高めのキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダや代理店を見てみると、オプションが絶対必要だったりします。

高額キャッシュバックがいくらあったとしても、無意味なオプションで余計な月額料金を払っていたら、時間がたてばたつほどキャッシュバックからすり減っていくという形になってしまいます。

つけなければいけないオプションの中には毎月何千円もするようなものもあるので、キャッシュバックなんて何の意味もなかったというようなことにもなりかねません。

上記のパターンは家電量販店でのキャッシュバックによくありがちなので、おすすめしません。

なお、スマートバリューという割引を適用してもらうためには、ひかり電話のオプションが必須となっているので、キャッシュバック条件にひかり電話が入っていてもそんなに気にする必要もないと思います。

注意点2 受け取りまで1年以上かかる

キャッシュバック申請を忘れさせるのが目的かのようなプロバイダや代理店はやめておきましょう。

お客さんの申請し忘れを狙っているパターンというのは、そもそもキャッシュバックの申請ができるのが1年後で、さらにそこから振り込まれるまで1年かかるみたいなところです。

光回線の本契約からキャンペーンの申請まで自動的にあちら側でやってくれるのではなくて、自分から自発的にやらなければならないので、受け取り忘れがどうしても多くなってしまいます。

こういった、お客さんの申請忘れを意図的に狙っているかのような窓口は避けて置いた方が無難でしょう。

注意点3 知り合い紹介が必須だったりする

キャッシュバックを受け取るためには、現実的にありえないような条件を突きつけている代理店やプロバイダはやめておきましょう。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

光回線や固定回線なんて、そうそう入れ替えるものでもないので、新しく光回線を契約したいと思っている知り合いなんて見つけるのは難しいですよね。

こういった実現できなさそうなキャッシュバックキャンペーンの条件というのは、結局受け取れないのが落ちなので、そもそもこういう窓口から契約するのはやめておくに限りますね。

こういったことがあるので、確実に受け取れるキャンペーンをやっているプロバイダを選ぶことがとても肝心になってきます。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

高額なキャッシュバックが手に入る代わりに、毎月の月額料金が高額になってしまうというパターンもあります。

たとえば工事費無料キャンペーンがないかわりにキャッシュバックが高くなるパターンとかがあります。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

auひかりを契約する代理店やプロバイダによって毎月の支払額が変わるので、すべてを踏まえて総合的に支払う金額が安くなるかどうかで判断しましょう。

一番得する申し込み方法

ここからは、当サイト上部で解説してきた、キャッシュバックキャンペーンに優秀なプロバイダをさらに比較して最もお得なところを見つけていきたいと思います。

結論から言ってしまうと、auひかりの一番最強のプロバイダは、「GMOとくとくBB」です。

一番最強に得するプロバイダや代理店を比較するときは次のようなコツがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

ちなみに、次の一覧表以外にも申し込みができる場所はいくらでもありますが、キャッシュバックが数万円以下のところは含めていません。

なお、auひかりでスマホセット割りをしてもらうためには、光電話への加入が必須になっているので、そういうのも含めて比較しています。

格安SIMを使っている人は、スマホセット割りを使えませんが、光電話を契約した方が総合的にお得になるので、おすすめです。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックがたくさんもらえることは去ることながらも、毎月550円の光電話が戸建てなら3年、マンションなら2年も無料になるので、めちゃくちゃお得です!

auユーザーのお客さんであればさらにお得になります!

GMOとくとくBBのキャッシュバック詳細

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、auひかりでダントツトップクラスのキャンペーンを取り扱っている窓口となっております。

GMOとくとくBBなら、最高で6万円ものキャッシュバックがもらえて、さらに1万円くらいの端末まで無償でもらえます。

auのユーザーが使える、スマホセット割り「スマートバリュー」に必要なオプションである、光電話を無料で付け加えてくれるので、かなりお得といえるでしょう。

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックは次のようになっています。

1,GMOとくとくBBの契約時に、GMOとくとくBBのメルアドを作成します。

2,回線が開通してから11ヶ月目と23ヶ月目に上記で作った専用アドレスに案内のメールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

auひかりのキャンペーンの疑問点

auひかりのキャンペーンについての疑問や質問などについて解説しています。

1,オプションにも適用できるキャンペーンはあるかどうか

auひかりのテレビオプションに、ジャンルパックなどがありますが、2ヶ月間無料で視聴できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルなどをパッケージ化したジャンルパックというのは映画やアニメやスポーツなどがあります。

自分が好みの動画コンテンツだけを詰め込むことができて、1628円で毎月使えるようになっています。

また、すべてのチャンネルを閲覧できる、オールジャンルパックと呼ばれるものは毎月約2700円で見ることができます。

2,5ギガや10ギガのプランのエリアについて

5ギガ、10ギガなどの超高速ができるプランは戸建てのみとなっていて、対象の都道府県は関東のみとなっています。

auひかりはフレッツ光とは違って独自の回線を使っているので、超高速プランでなくても快適なインターネットライフを送れると思います。

auひかりのプロバイダは自分で納得してから申し込もう!

当サイトではここまでに、auひかりの特徴やキャンペーンなどについて徹底解説してきました。

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどは、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものがあります。

他にも、公式キャンペーンは独自キャンペーンと併用できるので、申し込むときはプロバイダや代理店などから申し込むことによりダブルで特典を適用してもらうことができます。

現在実施中のキャンペーンをプロバイダごとに比較してみると、圧倒的にGMOとくとくBBがおすすめとなっております。

GMOとくとくBBなら以下のような特典を手に入れられます。

1,最高額で6万1千円のキャッシュバック

2,毎月550円かかる「ひかり電話」が3年間無料!

3,高機能ルーター端末が無償でもらえる!

これだけたくさんの特典がもらえるプロバイダや代理店は他にありません。

GMOとくとくBBでとくに優れている点としては、6万円ものキャッシュバックと、回線のスピードと安定性ではないでしょうか。

ちなみに、以下のキャンペーンも同時に手に入れることができます。

1,auひかりに乗り換えて違約金や解約金が負担してもらえる

2,auひかりの工事費用が無料になる!

3,auの携帯を持っている人は1回線で500円から1000円割り引かれる!

上記のように、au公式の特典とプロバイダの独自特典を併用することによりかなりお得になります。